HOME > インプラント

インプラント

デンタルインプラントとは

インプラント治療は人口歯根治療ともいわれ、歯の抜けた部分のアゴの骨に
インプラント(人工歯根)を入れて支柱とし、その上に人工の歯をしっかりと固定する治療法です。
インプラントは生体との親和性が高いチタンという金属で造られています。
チタンは長年の基礎的、臨床的研究からインプラントの材料として最も安全であり、またアゴの骨と結合する事が確認されています。インプラントとアゴの骨がしっかりと結合すれば、その上には丈夫で安定した歯を作ることができます。
入れ歯ではどうしても満足することが難しかった“食べる・話す”こともインプラント治療によりご自分の歯と同じような感覚を取り戻すことができます。


※フラッシュアニメーションになっています。矢印部分を押してみて下さい。
噛む力が天然の歯とほぼ同じ

イ ンプラントは、歯を失った部分の顎の骨に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯冠を取り付ける治療方法です。
その構造が従来の治療法に比べ、天然の歯に 近いので、固いものや粘性のある食べ物もおいしく食べることが出来ます。
また、入れ歯のように器具がお口の中を覆うこともありませんので、食べ物の味・温 度・舌触りなどを損なうこともありません。

一本から全歯欠損まで治療可能

インプラントは、欠損部分だけを補うことが出来る治療方法です。
インプラントは独立した構造をしているので、ブリッジや入れ歯のように他の部位に負担をかけません。

歯を一本失った場合は、その部分にインプラントを入れ、歯を全部失った場合は、咀嚼に必要な本数だけインプラントを埋入します。

一本から全歯欠損まで治療可能
 
他の人にインプラントをしていることを気づかれない

入れ歯は、金具が見えてしまうことがあります。それが気になってしまい、
人前で笑うことが出来ないとお悩みになる方がたくさんいます。

インプラントは、見た目が自然で、入れ歯のバネのような露出した構造がありません。
他の人にインプラントをしていることは全く分からないでしょう。

他の人にインプラントをしていることを気づかれない
 
特別な手入れが不要

人工歯根は顎の骨と直接結合しているので、取り外してのお手入れは全く不要です。
日常のお手入れは天然の歯と同じように歯ブラシで毎食後にブラッシングするだけです。
入れ歯のように食べ物が挟まって不快感を覚えることもありません。

インプラントを長持ちさせるために定期的にクリニックでメンテナンスを受けます。

特別な手入れが不要
 
将来、周囲の歯が抜けてしまっても作り直す必要がない

ブリッジの土台の歯が抜けてしまった場合は、ブリッジ全体を作り直さなければなりません。
(場合によってはブリッジではなく入れ歯になります。)
また、入れ歯の場合も、入れ歯全体を作り直さなければならず、今までの入れ歯は使えなくなります。
インプラント治療をした歯の隣の歯(天然歯)が将来抜けてしまった場合でも、インプラントは独立構造をしているので、すでにインプラントをした歯を作り直す必要はありません。

外科的な治療

人工歯根を顎の骨に埋入するための手術が必要となります。
術者の熟練度にも寄りますが、インプラント治療は
世界的にも95%以上という高い成功率を保持している医学的に確立された治療方法です。

適応の有無

インプラントは、手術が必要な治療なので、外科的な治療を受けられない方はインプラントが出来ないケースがあります。
詳しくは、インプラントが難しいケースをご覧下さい。

治療期間

インプラントが骨と結合するまで早くても2ヶ月待たなければなりません。

そのため、治療完了までの期間が他の治療方法に比べて長くなります。
しかし、治療期間中は仮歯を使うことが出来るので、歯がない状態を強いられることはありません。

治療期間
治療費用

現時点では、インプラントはいかなるケースでも健康保険が適用となりません。
自由診療となるので、保険適用の治療に比べて治療費が高くなってしまいます。
しかし、インプラントは欠損部分だけの治療となるので、
ブリッジや入れ歯のように隣の歯がダメになった時に全体を作り直す必要はありません。

1,カウンセリング

インプラント治療とはどういうものか、また、治療期間はどれくらいかかるのかなど、インプラントの基本について担当医がご説明します。

また、他の治療方法との違いや、メリット・デメリットをご説明します。
インプラント治療をするかどうかまだお決めになっていない方やインプラントについて疑問点がある方はお気軽にご相談下さい。

カウンセリング
2,診察、精密検査

二回目の来院までに担当医がレントゲンなどの検査結果をもとに、インプラントについての治療計画を立てます。
患者さんのお口の状態や患者さんのご希望に合わせた治療計画についてより詳しくご説明します。

3,手術の前の治療

インプラントを長持ちさせるために、インプラント治療の前に周囲の虫歯の治療などを行います。
また、歯周病は歯やインプラントの土台となる
歯槽骨が溶ける病気なので、インプラント治療の前に歯周病の治療を行います。

4,インプラント手術

歯周病や虫歯の治療を行い、口腔内が健康になったらインプラントの埋入手術を行います。

手術にかかる時間は、1本埋入の場合30分から1時間、長くても1時間半くらいです。
入院の必要はなく、当日から普通のお食事が頂けます。
インプラントが骨と結合するまでは上部構造をつけられませんが、
仮歯をつけることが出来るので、日常生活に支障はありません。

5,上部構造の設置

上顎で5ヶ月、下顎で2ヶ月から3ヶ月すると、インプラントは歯槽骨(顎の骨)と結合します。

骨としっかり結合したら、上部構造(歯冠部分)を取り付けます。
その後は、定期的に検査と清掃を行います。

上部構造の設置
アクセス


大きな地図で見る

住所〒222-0036
神奈川県横浜市港北区小机町2556
最寄駅横浜線・小机駅
診療時間
月・火・金9:30~12:30/14:00~19:00
水・土9:30~12:30/14:00~17:00
祝日がある週の木は
9:30~12:30 14:00~17:00

お問い合わせ 詳しくはこちら