HOME > 一般歯科

一般歯科

きちんと歯みがきをしたつもりでも、いつの間にかできてしまうムシ歯。
ムシ歯ができるメカニズムやできてしまった場合の治療方法など、ムシ歯に関する基礎知識を紹介します。

C1

エナメル質には知覚がないので、自覚症状がほとんどありません。

C2

象牙質に進行するため、冷たいものや甘いものにしみはじめます。

C3

歯髄炎を起こすため、激痛が生じます。

C4

病巣が歯根まで進行して、歯根膜に炎症が起こります。

 

治療が遅れると治療方法も治療回数も変わります。
歯の神経を取るということは、茶色くなり弾力性が無くなり硬くなりますが、割れやすくなります。

これは植物でも同じことが言えます。しかし、現在の歯科治療は補修です。その補修をさらに補修していると言ってもいいかもしれません。それを防ぐには定期健診です。

成人の歯のエナメル質は成熟 していますので定期健診でもそれほど進行していないといった事が多く、むし歯に変わり、歯周病や咬みあわせによる歯の喪失のリスクが高くなるので年齢を考 慮した治療を考える必要があります。



治療が遅れると治療方法も治療回数も変わります。歯の神経を取るということは、茶色くなり弾力性が無くなり硬くなりますが、割れやすくなります。これは植物でも同じことが言えます。しかし、現在の歯科治療は補修です。その補修をさらに補修していると言ってもいいかもしれません。それを防ぐには定期健診です。成人の歯のエナメル質は成熟していますので定期健診でもそれほど進行していないといった事が多く、むし歯に変わり、歯周病や咬みあわせによる歯の喪失のリスクが高くなるので年齢を考慮した治療を考える必要があります。

レントゲンのイメージ


エナメル質まではゆるやかにムシバは進行し象牙質に達すると内部に拡大進行します。

フッ化物(フッ素)を虫歯予防に応用する方法としては以下の項目があります。

※画像の上にカーソルを合わせて見て下さい。画像が動きます。

  • 水道水のフッ素化(水道水フッ素濃度調整、フロリデーション)
  • フッ化物洗口(フッ素洗口)
  • フッ化物歯面塗布(フッ素塗布)
  • フッ素配合歯磨き剤の使用
  • フッ化物を含む錠剤や液剤の飲用
  • フッ化物を添加、含有している食塩やミルクの摂取
フッ素塗布 10~40% 9000ppm
フッ素洗口 40~60% 50~425ppm
フッ素入り歯磨き粉 15~30%  990ppm
水道水フッ素添加 50~70% 0.6~1.2ppm









食べ物にカーソルを合わせると含まれるフッ素量が表示されます。是非試してみて下さい。


1,致死量

成人(体重60kg)で2500~5000mgです。

2,フッ素の急性症状

フッ素を成人が約250mgのフッ素を一度に飲むと、嘔吐、腹痛、下痢、けいれんなどの急性症状がでることがあります。
0.1%NaF洗口剤なら約560cc、0.01%NaF洗口剤なら約5600ccを一度に飲んだ場合という計算になります。

3,フッ素の慢性毒性

出生前後~8歳ぐらいまでの間に1~2ppm 以上のフッ素を含んだ飲料水を慢性的に飲用し続けていると、
歯のエナメル質に形成不全がおこり、歯の表面に斑状の白濁を生じることがあります。
これは、斑状歯あるいは歯牙フッ素症と呼ばれていますが、最近ではまず起こりえません。
日本の水道法の水質基準では、飲料水へのフッ素含有量は0.8ppm以下と定められています。

当医院の考え

水道水へのフッ素添加は反対です。各個人において感受性の違いがあります。
それ以前に浄水器の普及により水道水を直接飲むことが減ってきています。
島国の日本の地下水は軟水です。野菜に含まれるフッ素、カルシウム等の栄養素が少ないのが現状です。
硬水の国のフッ素症のデータ持ってきて比較する事は難しいと思います。

知覚過敏作動

ムシ歯や歯を削ったあと滲みる知覚過敏と区別し、歯周疾患が原因と思われる知覚過敏を象牙質知覚過敏症と呼びます。
歯肉が退縮し象牙質が露出した為に発症することが多いことから付いた名前だと思います。
知覚過敏の中で最も頻度が高く対応が困難な疾患ですが、根本的には他と同様、歯髄(歯の神経)の炎症です。

当医院での対策
フッ素洗口(オラブリス)
薬液塗布(グルーマ、MSコート)
フッ素イオン導入法

日常の生活の支障がある場合には便宜的に神経をとる事があります。薬液塗布を行い痛みとして感じてしまう場合にはかなり重症…

ブラキシズム作動

Bruxismブラキシズムとは咀嚼筋(咬むための筋肉)の異常な運動のことです。
口腔悪習癖と呼ばれている悪い癖の一つにも分類され、言葉の語源はギリシャ語のBrycheinから得ています。
日本語では単に歯ぎしり(歯軋り)と表現されていますが、正確には咬むための筋肉が食事中でもないのに無意識に異常な動きをする異常運動のことをいい病気の中に入り、歯を失う最大の原因といえます。

無意識下の異常運動には3つの要素があり、歯をすり合わせるグラインディング、食いしばるクレンチング、上下の歯をカチカチと小刻みに接触させるタッピングがあります。
これらはすべて無意識のうちにおこなわれるブラキシズムで本人はまったく気がつくことはできませんが、歯、顎の骨、筋肉、顎の関節に破壊的に作用します。

  朝起きると顎が疲れていたり歯に負担がかかっていることがあります。
これは睡眠中に過度の力が加わっているためおこる症状です。人は誰でも歯ぎしり、くいしばりをしますが、長期化するとこれらの組織に負担がかかり重症化します。

アクセス


大きな地図で見る

住所〒222-0036
神奈川県横浜市港北区小机町2556
最寄駅横浜線・小机駅
診療時間
月・火・金9:30~12:30/14:00~19:00
水・土9:30~12:30/14:00~17:00
祝日がある週の木は
9:30~12:30 14:00~17:00

お問い合わせ 詳しくはこちら